オステオパシー

オステオパシーとは何か?

オステオパシーの創世記
オステオパシーは1874年6月22日にアメリカで医師アンドリュー・テイラー・スティルによって発表された徒手矯正医学です。 少年時代には慢性頭痛と胃弱で悩まされていましたが、ある日、頭痛を感じたのでブランコの座り板を外しロープに頭を載せて横になりました。すると目覚めた時には頭痛と胃弱が治っていたのです。このときの体験が後にオステオパシーの基本原理に発展していくのです。 Dr.スティルは優秀な医師であり、カンザス大学の解剖学教授として教鞭をとっていたほどの実力の持ち主でした。南北戦争時代には北軍の義勇兵、従軍医師として働いてもいました。 しかし、二度にわたる伝染病の流行でDr.スティルは最初の妻と、長男、次男、後妻の連れ子を亡くしてしまうのです。自信を無くしたDr.スティルは当時の現代医学に見切りを付け新たな医学を模索することになったのです。 当時の現代医学は瀉血療法か水銀ベースの薬物療法が主流で、ジョージ・ワシントンは瀉血療法で命を落としたのでした。 Dr.スティルはインディアン居留地などで巡回医師として働きながら、インディアンの墓から骨を盗掘しその骨で研究を重ねたのです。 そして10年近い年月を掛けて新しい医学を誕生させたのです。あまりにも画期的な治療法だったので中々理解が得られず、Dr.スティルは孤立していき、大学、医学会から追い出されてしまいました。